美容医薬品に関する情報サイト

美容医薬品が激安?海外の通販でお得に購入するポイントは?

化粧品と医薬品の違いってなんだろう

医薬品の始まりは、奈良時代からで「施薬院」と言われていた病人や貧民を助けるための建物がありました。
治療方法は全て薬草で行われていて、平安時代になっても基本的には、薬草を用いた治療が一般的な治療方法でしたが、海外から漢方薬に関する本が輸入されてからは、医薬品に関しての知識が様々な人々に知れ渡りました。
鎌倉時代になると戦いが多くなり、寺院で病人や怪我人などの治療を行う事が増えたことで、製薬の技術レベルがあがり、数種類の薬を合わせて作られた配合薬が初めて作られたのもこの頃で、東大寺では「奇応丸」という薬が作られ、西大寺では「豊心丹」という薬が作られたため国内で販売を大々的に行いました。
時代が進み江戸時代前期では、財政難で困っていた富山藩が「様々な医薬品を事前に準備し医薬品を使用した分だけ後で支払う」というやり方の置き薬販売を始めたのがこの頃で、収入が不安定な平民にとって、事前に購入せずに医薬品を常備する事ができ、いざという時にすぐに使用できるというメリットがあったため全国的に人気になり医薬品が幅広く国内に広まりました。
江戸時代中期では、解体新書などの西洋医学書が日本語に訳されたため、西洋医学の知識が国内に広まり、化学医薬品が海外から輸入されるようになり、明治時代なると医薬制度ができました。
1877年に初めて東京大学に製薬学科が設立され、第一次世界大戦の影響で輸入医薬品が手に入らなくなったため、国内で化学医薬品を作る技術が向上していきました。
現代では、国民皆保険制度ができたことで病院などで誰もが気軽に治療を受けれるようになりました。

おすすめリンク

アモバンで睡眠障害改善

アモバンの投与上限を守って睡眠障害改善につなげましょう。効果や副作用をよく知っておくのも大切!

医薬品の始まり

突然ですがこの記事を読んでいる方に質問です。 化粧品と医薬品は全く別物って事知っていましたか? 今回は、医薬品と化粧品などの違いや国内で承認済みの医薬品と非承認の医薬品の違いなどについてお話したいと思いますので読んでみてくださいね。 すでに知っている方は再確認するつもりで読んでみる事をおすすめします。

個人輸入する際の良い点と欠点は?

皆さんは、医薬品などを個人輸入するとお得にお買い物ができるって知っていましたか?良い点ばかりではなく、個人輸入する際の欠点などもありますので、お話したいと思います。 個人輸入してみたいなと考えている方には参考になる内容が多いかもしれませんので読んでみてくださいね。

個人輸入する方法はいくつかあるんです

医療用医薬品のヒルドイドが美容に良いという話が最近ニュースなどで話題になっていますが何故なのか調べてみました。 その他に医薬品を個人輸入する方法など詳しくお話したいと思いますので美容に興味のある方や美容医薬品の個人輸入に興味のある方にはおすすめの内容ですので読んでみてくださいね。

Page Top