医薬品の始まり

医薬品と化粧品って同じじゃないの?

化粧品をよく見てみると「薬品」と記載されているものがありますが、医薬品医療機器等法という法律で、化粧品や医薬部外品や医薬品と3つに分類されています。
化粧品とは、ファンデーションやアイシャドウなどのメイクアップ用品が代表的な化粧品に分類されますがそれ以外でもバスソルトや歯磨き粉なども化粧品に分類されます。
医薬品や医薬部外品よりも効き目が弱く、医薬品は、医薬的に効果がある成分が含まれている治療や予防に効果がある薬品で、医療用医薬品はお医者さんが処方してくれる薬ですが一般用医薬品は、医療用に比べて効き目が強く、医薬部外品は、効果は発揮するけれど医薬品ほど効き目が強くありません。こうした特徴を踏まえた上で利用しましょう。

国内で承認済みの医薬品との違い

国内で承認済みの医薬品と非承認の医薬品との違いは、効果や安全性が承認済みの医薬品だと日本の基準で確認されていますが、非承認の医薬品だと外国で効果が認められている医薬品もありますが、詳細が不明な医薬品もあり、品質管理も承認済みの医薬品だとクリニックに届くまで、製造販売会社によって医薬品医療機器法の基準に沿った品質管理が行われていますが、非承認の医薬品だとクリニックに届くまでの輸送ルートの詳細や品質管理の詳細など分からない点が多く、医薬品に対するフォローも承認済みの医薬品だと製薬会社から医薬品についてお医者さんへの情報提供などのアフターフォローが行われますが、非承認だと一切アフターフォローがないため、トラブルが起こりやすくなる可能性があります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top