個人輸入する際の良い点と欠点は?

個人輸入をすると安く買えるって本当?

国内で美容医薬品を買うと価格が高くなってしまいますが、個人で海外から買うと安い価格で購入する事ができて、日本で発売されていない医薬品も購入する事が可能ですが、安全性などの面で確証がなかったり、知識が不十分で人体に影響を及ぼしたりする可能性が高いため、十分な医薬品に対する知識が必要になってきますが、しっかりと下調べした上で輸入方法を決めて知識が十分にあれば、お得に美容医薬品を買えたりしますのでおすすめです。
日本の薬では症状の改善が難しい場合でも海外から輸入し、より良い医薬品を入手することで症状が改善する可能性が高くなるかもしれませんので、症状を改善させる一つの方法として考えてみると良いかもしれませんね。

良い点ばかりじゃないんです

個人で医薬品を輸入する際の主な欠点は、輸入できる医薬品の量が決められていることです。
外用剤は、1種類24個までで医薬品が1か月までで医薬部外品が2か月分までで化粧品が1種類24個までで、一部の医薬品は、お医者さんの許可がないと輸入する事ができず、無許可で規定の量以上を輸入してしまった場合には関税で没収されてしまいます。
ちなみに他人の物と一緒に輸入する事はできず個人で使用する分のみ輸入が可能で、個人で輸入し転売する事もできません。
誤って転売してしまった場合には、薬事法違反になってしまう可能性が非常に高く注意が必要です。
様々な個人輸入のリスクを避けるためにも医薬品輸入代行業者に輸入を依頼すると良いかもしれませんね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top